婚活でも自分の好みは大切に

もう付き合ったり別れたり、そんなことを繰り返したくない、次に付き合うのは結婚する相手、と決めている方は、婚活をしているかもしれません。

婚活では、急に条件を気にするようになります。それまで、顔が好みだったり、自分に向けてくれる優しさなど、気に入って付き合ったり、何となくそういう感じになって、というパターンだったのに、結婚するとなると、慎重になりすぎる傾向があります。

いくら自分の望む条件に合っているとしても、会ってみて、何か合わない気がしたり、どうしても好みではなかったりしたら、もうそれは運命の相手ではありません。

無理に自分を相手に当てはめようとすると、疲れてしまうし、自分が気に入っているのかどうかの直感も信じないと大変なことになります。

良いはずだと思い込んでしまったら、話がトントン拍子に進んで、いざ結婚式でドタキャンしてしまうなんてことになりかねません。

本当に相手のことを、気に入ってるかどうか分からなくなってしまった時は、想像してください。もし会えなくなってしまったら自分がどう思うのか、寂しいとか、困る、とかなら気に入っている証拠です。気に入らなかったら、会えなくても困らないはずです。

条件が良いから、キープしておくというのは本当は無駄なことなのです。保険にはなりません。それどころか、本当に良い人とは巡り会えません。

婚活も恋愛と同じです。やはり好きにならないと、結婚なんてできません。結婚したとしても、相手に何かあった時、支えたいとは思わないのです。

婚活に疲れてくると、もう誰でも言い、というように自暴自棄になってしまいがちなので、そういう時は、初心に戻って、恋愛してた時はどうだったのか、思い出しましょう。

将来を共に一緒に過ごすのなら、やはり好きな相手じゃないと始まりません。もし、その相手なのでは、と思う瞬間があったら、それが本物です。

食べ方が可愛い、価値観が似ていて話しやすい、一緒にいて抵抗がない、など、些細なところに光る瞬間があります。その瞬間を見逃さなければ、婚活はうまくいきます。